医療事務資格に挑戦

医療事務の資格に挑戦しようと思った場合、まず最初に決めなければいけないことはどの資格を狙うのか?ということです。
大きく医科・歯科・調剤というだけでなく、医療秘書の資格や、レセプト、レセコン、ホスピタリティーに特化した資格などもあり、また、それぞれに多くの種類の資格が混在しているのが現実です。
そして、どれも国家資格や公的資格でなく、各種団体や法人等の認定資格や検定試験になります。
したがって、医療事務の仕事を目指して医療事務資格に挑戦する場合には、まず専門学校や通信学校の無料資料を集める事をお勧めします。
どの学校や講座を受講すれば、どの資格が狙えるのかをしっかり踏まえ、またどれくらい学習期間や費用が必要かなども確認しましょう。
まずは、2、3ヶ月で合格を狙えるものを狙っていくのがよいでしょう。

医療事務の試験合格後には。。。

医療事務管理士技能認定試験に見事合格したら、“教育訓練給付制度”の利用を検討しましょう。
この制度は一定の講座に支払った経費の一定パーセンテージをハローワークが支出してくれるという仕組みです。
医療事務技能審査試験に合格したのちに最寄の職業安定所の窓口で手続き書類を差しだせば完了。

医療事務の主な仕事はサービス業と言えます。
まず最初に苦情をまず向けられるのは受付の医療事務の仕事。
正直言いがかり的なことも少なくないので、気持ちを強く持って仕事に臨むことが必要です。

実態としては、医療事務資格を取ったからといって実務をしてきた経験のある人のほうが就職活動において有利であることが多く、簡単に採用に至るとは言い切れないのです。
医療事務の資格に合格したら、夜間といった人手が足りないシフトのパート勤務などで経験を積んでいって、段階をへて条件の良い所へチャレンジしていくのが確実な方法です。もちろんチャンスがあればどんどん挑戦することは忘れずに。

医療事務の仕事は40代、50代になっても気にせず働きづつけることができる。生活環境がかわり長期間仕事をしていなくても再就職しやすい。景気等に左右されない。日本国内のどこの医院でも勤務できる。等実に魅力的な点が多くある職場だと考えます。

診療報酬請求業務が出来れば、働き出してから勤務先で高く評価されるでしょう。
その他に、調剤事務の理解は調剤薬局が増えチャンスと言えます。
調剤薬局やドラッグストアで仕事があります。

医療事務での直接雇用にこだわって雇用されないより、先ずは派遣としてキャリアを積むのも悪くないやり方です。
ところで、派遣元で健康保険や雇用保険に加入するのであれば、会社も保険料等を払っているので派遣先が支払う分の70%程度であれば適切なラインです。

実務経験も資格もない人が病院で医療事務の採用を勝ち取る事は決して簡単とは言えません。
ということなので、資格の合格という結果が有るにこしたことはない、と言えるでしょう。

医療事務の給与はどちらかと言えば安いかもしれません。医療事務は大学病院の正社員にでもならない限り、お世辞にも高いとは言いがたい給料しかもらえません。
にもかかわらず、医療事務の資格が注目されているのは年齢や生活パターンの変化にあまり左右されない資格だと言えるからでしょう。

医療事務資格に関する本を探しに書店へ行くと、医療事務資格に関する入門書、参考書、過去問題集といった関連本が所によっては一つの棚すべてに出版されているのを目の当たりにするでしょう。
医療事務を経験したことがない方からすれば、これら入門書や参考書のうちどういう部分を意識してチョイスすれば効果的なのか。
というのは経験があたっとしても実に難しいことだと考えます。

病院内の同僚内での仲間外れよりも看護師が心配だとの見方もあります。国家資格を持つ看護師は高慢で鼻っ柱が強い。
フレンドリーなナースも多いですが、「医療事務に資格があったの」というような上から見下した感じの女性がいるのも残念ながら本当です。

一般に、仕事の中で際立って大きな負担がレセプトと言われる請求業務です。患者が多い医院は作成するレセプト数も半端でない数になります。
ですが実際には、業務のための人材が十分確保されていないのが現状です。
医療事務 資格HOMEへ 医療事務 資格HOMEへ