医療事務資格に挑戦

医療事務の資格に挑戦しようと思った場合、まず最初に決めなければいけないことはどの資格を狙うのか?ということです。
大きく医科・歯科・調剤というだけでなく、医療秘書の資格や、レセプト、レセコン、ホスピタリティーに特化した資格などもあり、また、それぞれに多くの種類の資格が混在しているのが現実です。
そして、どれも国家資格や公的資格でなく、各種団体や法人等の認定資格や検定試験になります。
したがって、医療事務の仕事を目指して医療事務資格に挑戦する場合には、まず専門学校や通信学校の無料資料を集める事をお勧めします。
どの学校や講座を受講すれば、どの資格が狙えるのかをしっかり踏まえ、またどれくらい学習期間や費用が必要かなども確認しましょう。
まずは、2、3ヶ月で合格を狙えるものを狙っていくのがよいでしょう。

やぱり通学講座が良い理由

通学で医療事務の講座にて学ぶと「講師陣の凄さ」に感動するかもしれません。疑問点に実務の現場を考慮して答えてくれるので、参考書からは得られないようなことまで学ぶことが出来ます。

医療事務の通信教育で利用するテキストやプリントは初心者の人用に本当に噛み砕いて説明されていて、スムーズに勉強を始めることができます。
内容も挫折しないよう、理解しやすいようスラスラと読書のような感じで勉強できていきます。

医療事務スタッフの中での嫌がらせよりもナースのほうが困るといった見方もあります。国家資格合格のナースはプライドがとても高く生意気。
気のいい人ももちろんいますが、「医療事務は誰でも出来る」というような上から見下した感じの女性がいるのも事実です。

ニチイなどで学べる「医療事務技能審査試験」の受験人数は年間約3万人で、医療事務への関心の高さが窺われます。
しかし、医療事務に国家資格はなく、「医療事務」という名称の資格自体も無いのです。

仕事を獲得するのは現実的には結構ハードです。
就労時間等の適応をつけやすい。高齢化社会でニーズが高まっている。
といった話で煽られ、主婦層などがわんさか仕事探しをしています。

医療事務は年をそれほど気にせず仕事を続けることができる。出産後も職場復帰しやすい。景気に左右されにくい。日本中の病院や医院で勤めることができる。と言ったとっても魅力の多い仕事と考えられます。

レセプトの確認が出来れば、就職後即戦力として頼られるでしょう。
その他に、調剤事務の資格取得者が院外処方などで多く求められています。
いわゆるドラッグストアでも求人に応募できます。
医療事務の仕事のうち最も大きな比重を占めるのは診療報酬請求業務です。
患者さんが多ければレセプトの処理数もとても多くなります。
それに対して、それだけの作業に見合う人員がそろっていないのが実際です。
自分に適した学習方法を決定するなら、一つ目にどういう資格試験を目指したいのか。
そのあと、学習時間はどの位か。
他に、必要な経費としていくらくらい費やす予定なのか。これら三個の切り口を基準に決定すれば良いと思います。

仕事に就きたいなら長く働きたいという事を最も売り込みましょう!
採用側は確率として長く働いてくれそうな比較的年が若い子をなるべく採用したいというのが実際の考えです。

就職の面接にあたっては医療事務取得に比べパソコンが操作できるかが重要だと考えられています。
これに関しては、ファイルを開く・保存ができる、ネットで調べ物ができる、エクセルの初心者レベルがある、といった基礎ができれば通用します。
医療事務 資格HOMEへ 医療事務 資格HOMEへ