医療事務資格に挑戦

医療事務の資格に挑戦しようと思った場合、まず最初に決めなければいけないことはどの資格を狙うのか?ということです。
大きく医科・歯科・調剤というだけでなく、医療秘書の資格や、レセプト、レセコン、ホスピタリティーに特化した資格などもあり、また、それぞれに多くの種類の資格が混在しているのが現実です。
そして、どれも国家資格や公的資格でなく、各種団体や法人等の認定資格や検定試験になります。
したがって、医療事務の仕事を目指して医療事務資格に挑戦する場合には、まず専門学校や通信学校の無料資料を集める事をお勧めします。
どの学校や講座を受講すれば、どの資格が狙えるのかをしっかり踏まえ、またどれくらい学習期間や費用が必要かなども確認しましょう。
まずは、2、3ヶ月で合格を狙えるものを狙っていくのがよいでしょう。

医療事務スクールの宣伝

医療事務の資格関連の広告にはいろいろなオススポイントが取り上げられています。
・育児をしながらも続けることができる。
・今後の高齢化社会において需要が増える仕事であり、将来性が最高!etc. 
勉強して医療事務の資格をとったのだが、求人がない。なんてことは無いと信じられますか。

待遇の良い勤め先を手にするのは間違いなくそう簡単ではないです。
生活に合わせて時間の融通が利く。超高齢社会で需要が増えている。
といった話でその気になり、主婦などがこぞって求人のチェックを行っているからです。

多くの医療事務資格の資格講座を行う学校なども就職の橋渡しはしてもらえますが、それは講座を受講してもらうためのおまけ程度。
働き口を確約するというものではありません。
募集若干名に100人近く集まる時もあります。

かつて面接をうけた際に、医療事務能力検定試験に合格しているとアピールしたのですが、
「ああ、資格はいりません。経験やパソコン操作が大事なのです。」
とサクッと終わりました。

多くの場合、医療事務の仕事はパートや派遣など生活の状況に応じて勤務の仕方に変えることが柔軟にできます。
あなたの状況に合わせて短時間の勤務を選べることも大きな魅力です。

受付の医療事務は言うまでも無くサービス業です。
当然具合が悪くて来院してきた人ということを忘れず、相手の気持ちになって配慮できることのできる気持ちの余裕が大切です。

医療事務関連資格を無事取得したら、厚労省の教育訓練給付の手続きをします。
この制度は一定の講座に支払った費用の一部を職安が補填してくれるといった制度です。
医療事務関連資格を取得後に自宅最寄りのハローワークの窓口で手続き書類を提出すればいいです。

頻繁に募集をかけている医院はいわゆるブラックかもしれないので近寄らないことが適切だと思われます。
正直、病院事務職の仕事に就くには積極的な活動が極めて重要です。

医療事務を目指していながらパソコンでの作業があまり得意でない人は、少しはじめのイロハのみ頭に入れてリクルート活動しましょう。
基礎を押さえておけば「PCはかなり出来ます。」とPRしても良いです。

ポイントは、未経験、無資格の人が医療事務で就職先を得るという点に関しては実に容易ではないことです。
したがって、資格があるべき、ということになるのです。
医療事務 資格HOMEへ 医療事務 資格HOMEへ