医療事務資格に挑戦

医療事務の資格に挑戦しようと思った場合、まず最初に決めなければいけないことはどの資格を狙うのか?ということです。
大きく医科・歯科・調剤というだけでなく、医療秘書の資格や、レセプト、レセコン、ホスピタリティーに特化した資格などもあり、また、それぞれに多くの種類の資格が混在しているのが現実です。
そして、どれも国家資格や公的資格でなく、各種団体や法人等の認定資格や検定試験になります。
したがって、医療事務の仕事を目指して医療事務資格に挑戦する場合には、まず専門学校や通信学校の無料資料を集める事をお勧めします。
どの学校や講座を受講すれば、どの資格が狙えるのかをしっかり踏まえ、またどれくらい学習期間や費用が必要かなども確認しましょう。
まずは、2、3ヶ月で合格を狙えるものを狙っていくのがよいでしょう。

女性に人気の医療事務資格

医療事務能力検定試験など医療事務に関する資格は、経験が全くない人でも専門職の知識を身に付けることができる転職等にも有利な資格です。さらに女性でも再就職を考えている主婦から注目されています。
日常的に医療事務スタッフの求人がある個人病院等は就業環境が疑わしいのでさける方が良いと思っています。しかしながら、医療事務のリクルート活動は不採用にくじけない事がかなり大きいです。
最もあなたにあった勉強の仕方を決定することについて、最初に医科・歯科・調剤等どの資格を取るのか。そのあと、資格学習の時間はどれくらいか。さらに、お金はいかほどつぎ込むのか。これら3つの視点を基にして決定するといいと考えます。

実は採用試験の面接の時に、医療事務の資格を持っていると伝えたところ、「資格が悪いとは言いませんが、経験やPCのスキルのほうが肝心です。」とあっさり返されました。

通信学習は土日に集中して時間を確保するなど着実に学習していけることがひときわ優れた点です。添削問題を活用することで弱点を把握することができ、さらに先生からのコメントは励みになると思います。
医療事務で働きたい人でPCが不向きな人は、ほんの少し基本部分だけを頭に入れて面接に備えてください。基本の使い方を身に付けたなら「パソコンの扱いには自身あります。」とアピールして良いと思われます。
医療事務の仕事ではイジメが横行しているところがあると聞きますが、近くに男性がいる病院はいじめはないきらいがあるそうです。男性が常にいることでいじめている側は特に男性の目が気になるのだそうです。

医療事務員というと病院の現場では単なる雑務処理のように受け止められているところもあり、業務の量などの把握にまで注意をはらわれることが僅かのところもあります。又、大規模医院では勤続が長い先輩医療事務員のあいだで何の役にもたたない派閥の競り合いもあるそうです。

一般的に医療事務の資格は社会保険の仕組みなど初心者の人にとってはとっつきにく部分もありますが、当初は難易度が下の資格合格を目指して通学や通信で勉強するなら、理解するためのテクニックを紹介してくれたり、ちょっとした質問もできるので不安に思うことは無いです。
医療機関での医療事務スタッフの求人は1名か2名くらいですから極めて採用を勝ち取ることが難しいです。くわえて、雰囲気が明るい、職員の連携がよく快適に仕事が出来る、給料がよい、勤務の融通がききやすい、というふうに働く環境が理想的な医院等はあまり辞職する事務員が居ないので、募集自体があまり行われません。

知ってほしいのは、医療事務の仕事内容で最大の負担が診療報酬請求明細書の作成業務です。患者さんの多い病院であれば作る診療報酬請求書数も膨大です。しかしながら、その処理量に見合う人手が十分でないのが実情です。
医療事務 資格HOMEへ 医療事務 資格HOMEへ